メンズ

生活習慣や食べ物からアルツハイマーのリスクを探る

血流を改善しよう

手

血流を改善することで、冷え症やむくみなどの改善につながります。適度な運動をしたり、自宅ではマッサージを行うことで、血流の改善やその他にも、体にいい影響を与えることになります。生活習慣を改善し、字氏の健康、冷え症、むくみ対策をしましょう。

詳細

動脈硬化や肥満を防止

サプリ

サポニンは、油分を除去する界面活性剤として使われています。そのため摂取すると、体からは中性脂肪やコレステロールが除去され、動脈硬化や肥満が防がれやすくなります。ゴボウや大豆などに含まれていますが、苦味があるため、調理の過程で除去されることもあります。しかしサプリメントでなら、しっかりと摂取できます。

詳細

リスクを上げる物下げる物

女性

発症リスクを上げる物

アルツハイマー認知量の発症リスクを上げることが判っている物には、お酒やタバコがあげられます。タバコは、発症リスクを2倍にあげます。1年に2回以上、大量飲酒で記憶を失くすことがある人は、アルツハイマーの発症リスクが10倍になるという研究報告もあります。若年性アルツハイマー病になった人の大半は大量飲酒者です。日常的に大量飲酒をしている人はそうではない人と比べて平均6年早くアルツハイマーの兆候が出る、という研究報告もあります。ここでいう大量とは、1週間に女性で350mLのビール8本以上、男性で15本以上、または日本酒換算で1週間に女性で3.5合以上、男性で6.5合以上です。また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病も発症リスクをあげています。高血圧があると2倍、糖尿病も2倍と言われています。やはり、生活習慣病にならないように暴飲暴食を慎むことが大切なようです。生活習慣病を予防することが、アルツハイマーを予防することに繋がります。

発症リスクを下げる物

逆に発症リスクを下げると判っている物もたくさんありますので、ご安心ください。食べ物の中でアルツハイマーの発症リスクを下げる物には、次のようなものがあります。アルツハイマーの発症リスクを下げる物には、サバやサンマやイワシなどの青魚に多く含まれるEPAやDHAがあります。青魚を1日1回以上食べる人はそうでない人と比べると、5分の1の発症です。それ以外にも乳製品や大豆製品、お茶に含まれるカテキンやテアニンが発症リスクを下げると判っています。運動も大切です。運動をすると脳も活発に働きます。競争するのではなく、できる範囲で楽しく運動できるとベターです。そして、趣味を持つことも勧められる予防法です。趣味と言うほどのものでなくても、毎日の生活の中に楽しみがあるということが大切です。

健康にいいシイタケ

女の人

シイタケ菌糸体に含まれるレンチナンやβ-グルカンは抗悪性腫瘍効果があり、癌の予防・治療や免疫力の向上が期待できます。ただし、多量に摂取すれば健康になるというわけではなく、かえって重大な副作用を引き起こしかねないため、適切な使用を心掛けるようにしましょう。

詳細